読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

僕たちは戦わない

たまにはAKBの話題を。
選抜総選挙をうけた感想。

今年もこの季節が来たと思う。
毎年、Twitterに張り付いて、誰かの速報を見ながら一喜一憂するこの季節。

昨年はその現場にいた。大雨の日だった。*1
雨の中、笑顔で踊る彼女たちは、これから「順位」という一つの結果を突きつけられるのかと思うと、胃がちょっと痛くなった覚えがある。
けれど、それは一つの勇気と希望だった。


実は昨年からだんだんAKBの興味が薄れてきて最近は更にJUMPだから、速報も流し見で、開票時間も知らずに気が付いたらフューチャーガールズまで発表されていた。
「ああ、やっぱり全然知らない子がたくさん入ってきてるし、どうでもよくなっちゃったのかな。」と自分の中で思っていたが、やはり順位が発表されると、ドキドキわくわくしてしまう。

と言うことで、今年の総選挙の結果をさっと見て感想を挙げていきたい。
最初に言っておくが、私はヘビロテ~恋チュンあたりのAKBならわかるが、最近のAKBわからないので、若干懐古厨です。


79位 市川美織(NMB48 Team B2)
昨年、フレッシュレモンちゃんこと、市川美織ちゃんはこう言った。
「いつまで、フューチャーガールズということで、夢を見続ければいいのかわかりませんが」
その言葉がジョークと捉えられなかったが、今年は更に順位を落としてしまった・・・
それでも、彼女は他のメンバーよりはるかに全国区にバラエティに出ている。大家しーちゃんタイプだ。
ぜひ、フレッシュレモンになってほしいものです。


71位 石田晴香(AKB48 Team K)
ぐぐたすの空」ってもう3年前なんですね。
はるきゃんが上がる要因って最近あまりわからなかったので、正直、ランクインも驚きです。
ロックなはるきゃんを出した第1回じゃんけん大会なんてもう5年前・・・


56位 梅田彩佳(NMB48 Team B2)
うめちゃあああああん;;
AKB2期好きかつ、数少なくなってしまった88-89Line*2で唯一出馬していたうめちゃん!!
ランク下がっちゃったけど、でも今でもランクインしている現実!!嬉しい!
彼女のセンター曲「抱きしめちゃいけない」は神曲です。


49位 佐藤すみれ(SKE48 Team E)
すーめろちゃん強い!!
それも速報圏外かつ、昨年も圏外からのフューチャーガールズセンター!!
「Ambulance」のPVはちょっとえろかわいかったなぁ。
この曲も含めて、もはやベテランの域に入りかけてるAKB7期が若い子を抑えてセンターをやる図がとても好き。


41位 多田愛佳(HKT48 Team K4)
らぶたんのHKT移籍は成功だと思っている。
妹キャラだった3期のらぶたんが、いつの間にかたくさんの後輩ができて、もはや「らぶさん」になっていて本人も焦りがあったのかなと。
そこで新人育成のためにHKT移籍。指原が目立っていたが、彼女もHKT躍進の立役者の一人だ。
妹キャラから、キャプテンへ。そしてこの順位。さすがです、らぶたん。


35位 藤江れいな(NMB48 TeamM)
ランクが下がったことではなくて、注目すべきはやっぱりれいにゃんの永遠の若手感。
もうベテランのAKB4期。安定の順位だと思います。


33位 穴井千尋(HKT48 TeamH)
音ゲーのHKTverやってかわいいと思ったちひろん。
速報圏外からの大躍進。いや、本当にかわいいの。19歳。かわいい。


22位 木﨑ゆりあ(AKB48 TeamB)
書店ガールでおなじみの彼女。*3
速報も50番台でしたっけ?厳しいのかなと思っていたけれど、ちゃんとこの位置につけてきました。
彼女は新チームでキャプテン。SKE移籍からのキャプテンは、時代と変革を感じさせます。


13位 松村香織(SKE48 Team K2)
終身名誉研究生だった彼女もついに正メンバーになった昨今。
前回のアンダーガールズセンターも衝撃でしたが、だーすーやゆりあちゃんを抑えて選抜入り。
ぐぐたすでの秋元先生の発言にいち早くレスポンスを返す、自分で「今夜も1コメダ」をやり始めるなど、
自分で何ができるか考え、名を売ってきた結果。
「努力は決して裏切らない」という言葉、私は好きではないけれど、彼女みたいにチャンスのレーダーは常に張っていたいものです。


11位 北原里英(NGT48)
りえちゃんやあきちゃががっつり選抜入りしていたころのAKBを見ていたので、
彼女の選抜入りがじゃんけん選抜の「鈴懸~」を除くと、「ギンガムチェック」以来、3年ぶりということに衝撃。
NGT立ち上げの主要メンバーとして幸先のよいスタート。


8位 宮澤佐江(SNH48 Team S2/SKE48 Team S)
さえちゃあああああん!!!やっぱり2期メンの活躍は泣ける;;
でもコメント始めた時、正直辞めちゃうんじゃないかって思ったんです。
それくらい、しっかりと話していたんです。でもまだ辞めなくてよかった><


3位 渡辺麻友(AKB48 Team B)
まゆゆは3位。もうこれでもかというほど、さっぱりと、すっきりとしたコメントだった。
逆に(心のプラカードとか書店ガールの件も含め)辛いこととか、今回の結果とかを全部むりやりに抑え込んで出した笑顔にも感じた。
少し、だから心が痛んだ。


2位 柏木由紀(AKB48 Team B/NGT48)
毎年毎年思う。ゆきりんは強い。
おそらく、お金を出してくれるファンも多いのだろう。
だけど毎年増え続ける票数についていくにはそれだけではもちろんだめで、絶対数も増やさないといけない。
ベテラン勢が順位を落とし続ける中、順位をキープし続けているゆきりんって本当にすごい。
でも、その理由は去年わかった。本当に生で見たらアイドル。きらっきらしてるの。そりゃファンもうなぎ上りですよ。


1位 指原莉乃(HKT48 Team H)
最初、私は指原が好きではなかった。
ヘビロテあたりから猛プッシュし始めた彼女は、そりゃフラゲで順位上げるでしょ。
なんであの子が推されるんだろうと思っていた。
けれど、より目にするたび彼女の存在感の強さに目を惹かれる。
「THE IDOL」ではなく、「さしこ」という新しいジャンル。
それを1位にしてしまう、センターにしちゃう冒険。AKBって面白いなと思う。



武藤十夢が、16位のコメントでこう言った。

ファンの方、スタッフさんの中では、総選挙を祭りという方がいます。でも、私はそうは思いません。(中略)私たちにとってはチャンスの場なんです。

ごめんなさい、やっぱり私はこの総選挙は祭りなんだなと思います。
たくさんのお金が動いて、たくさんの人の意見が飛び交って。
多くの人が注目するこの日はやっぱりチャンスの場であり、祭りだと思う。

けれどそんな順位を付けられる残酷な場でもキラキラしつづける彼女たちは、やはり強くて希望だ。


「僕たちは戦わない」
そう歌った彼女たちの「戦い」は、強く生きる希望を与えている。

*1:アリーナではなかったのでカッパは着なかった

*2:大島優子小嶋陽菜秋元才加

*3:3人娘の1人