読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

10年越しに会いに行く

一言で言うと、元担の舞台を見た話。
舞台のレポ的な話ではないのはご了承ください。

今、JUMP沼に頭まで浸かってしまっている私ですが、それまではジャニーズと10年くらい離れていました。
前にジャニーズ好きだったのは2003年ごろ。
ある方を応援していて、その方がフェードアウトすると同時に、私もフェードアウトしてジャニオタの世界から抜け出しました。

その方は、当時ジャニーズJrだった、萩原幸人さん。
2000年ごろから2003年ごろまで活躍されていた方です。
立ち位置で言うと、山Pや斗真くんが真ん中で歌っていたとすると、その真後ろにジンアカニシと田口くんのシンメとジミーMackeyがマイクを持って歌っていて、
その両脇でマイクを持って歌っていたくらいの立ち位置だったと記憶している。こう言っては何だが、ロバ丸と同じくらいの立ち位置。
そこから今の'MAD'やMADEの前身であるM.A.Dが出来て、そのまま今で言う職人系の立ち位置になって、いつの間にかフェードアウト。
同時に私もフェードアウトしたため、その後のことはわかっていなかった。

けれど、ふと思った。
「今、何をしているんだろう。」
検索した、ブログを見つけた。
今は名前を「大野幸人」に変え、ダンサーとして、舞台やダンス教室の講師をしているらしい。
csb-international.info

どうやらちゃんとダンスで飯を食べていて、そこそこ活躍していることがとても嬉しかった。
(ちなみに、この頃活躍していたJrだと、良知真次さんは舞台俳優として、橋田康さんはダンサーとして活動しているようです)

ダンサーとしてがっつり活躍されている、だけならばチケットをわざわざ取るのをなぜかためらったと思う。
けれど、今回は違う。

名前が載るのは後ろの方だけど、ちゃんと役名が付き、紹介動画もアップされている。
主要キャストの一人だったのだ。
その舞台はDNA-SHARAKU。ナオトインティライミさんと小関裕太さん*1W主演のミュージカル。

実は私はミュージカルが好きではない。
昨年1年間そこそこ舞台を見て思った結論である。
理由としてはタモリさんと同じで、「なぜ突然歌いだすんだ!!!」ということと、たまたま見た某有名劇団がやっぱり合わなかったということだ。
だけど私はちゃんと一般発売初日にS席を買った。
幸人さんが出ているからだ。

実は幸人さんを一度も見たことがない。
応援していた当時はいわゆるお茶の間のファンだったからだ。
(というより小学生とかだしバック担の応援なんてお茶の間でしかできないよ)


だから私はチケットを買った。
高いお金を払って、約10年前の自担に会いに行った。

**

舞台自体はとても面白かった。
一人一人の声量も歌声も素晴らしく、声が重なった時の迫力は体に響く。
結末については「あーこうするのかー」という感じだったが、2時間半の上演時間を飽きずにわくわくして見ることができた。
(恋愛要素があまりなかったのも要因かも)

さて、幸人さんに関してはやはりきれいに舞っていた。
最後のみんなで踊るところには参加していなかったが、やはり踊るシーンが多く、美しいダンスを披露していた。
演技も違和感なく、変わった役どころを演じていた。

あの頃、まだジャニーズにいたころはブレイクダンスをする、とか、ターンを極めるとか言っていて、
実際キンキの後ろでくるくる、少クラでもダンスを披露していた。
その姿を何度も何度も、ビデオテープが擦り切れるほど見ていた。
そんな彼に10年経ってやっと会えた。
その姿はやはり私が応援していた彼の姿で、あの時以上に美しい姿で舞っていた。


好きで、応援していた人がいなくなるのはやはり辛い。
けれど、こうやって活動の場所が変わって、一線で活動しているのであれば、どんなに嬉しいことかということがわかった。


ジャニーズやAKBを応援していると目の前からいなくなる方が多い。
その道から去って、一般人になって、一般的な幸せを手に入れてほしいというのも嬉しいが、
活動する場所を変えて、また輝いてくれるなら、これも幸せで嬉しいこと。
「私が応援していたのは、無駄ではない」。


あなたが輝けるのであれば、去ると言う選択肢は間違いではない。


陰ながら大野幸人さんを応援して、また舞台を観に行きたいな。

*1:ごめんね!青春のコスメちゃん役の子