読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

ペンライトの海に溺れて

あけましておめでとうございます。
地味にこのブログも2歳になりまして、わたしのジャニオタ出戻りも2年経ったということですね。
大人になると時の流れが早い。
マイペースに自由に書いていきますので、オタ卒するその日まで優しい目で見守っていてください。

年末年始はJUMPのDEAR 2016-2017に参戦してきました。その話を。


今回のコンサートで最初に感じたのは「チケットとれねえええええ」でした。
わたしも、結託して申し込んだフォロワーさんも揃って落選。
ケツイ頑張って出したらお世話になったフォロワーさんや、初めての優しい方にお声掛けいただき、参戦する運びとなりました。
本当に大ちゃんの「ありがてぇありがてぇ」な気分です。本当にありがとうございました。
f:id:biogLife:20170102144155j:plain



今回、上から眺める機会が多かったので、演出特効大好きな私は楽しかったです。
ドームだと演出は派手目になるのでわくわくでした。


メモリストどころか、今その一瞬を目に焼き付けてやろう派なので、覚えてるところとか印象に残ったところを。

Come on a my house
ツアーでは中盤に歌われていたこの曲は今回序盤に。
伊野尾ちゃんの「知念の家に行きたいか~!!!」芸が楽しみではあったのですが、今回次に備えてBESTは早々に退場。
なので今回は7ちゃんが「知念の家に行きたいか~!!!」芸をやり、かつ知念ちゃんもいつものあの言葉をアレンジしてかわいかった。
というより半分ぐらい7ちゃんで歌ってたからほぼ7ちゃんの曲になってたよね?かわいいから許す。

スギルセツナ(Hey!Say!BEST)
ファンになったのがsmartコンの後なので、当たり前ですがスギルセツナは生で見たことがなかったのです。
「かっこいいBEST」を象徴するような青い衣装に、水が美しく繊細に吹き出す演出が綺麗でした。
ツアーでは「エロくてかっこいい」BESTだったのが、今回は「クールでかっこいい」BESTに感じました。
実はスギルセツナの音源ないのは内緒です。ヒトカラで歌いたい。

ガンバレッツゴー(Hey!Say!7)
2015-2016の京セラカウコンではBESTの宴会芸として使用されたガンバレッツゴーが今回は本家の7が披露。
それも脳内Danceのウサミミパーカー。
4人のうさぎ。
おしりにはポンポン。
なにこれ天使か。
天使だ。

We are 男の子!
唯一スタンドに入った回に、目の前に知念ちゃんが来たんです。
知念ちゃんがちびっこJrに囲まれて、一緒にタンバリン持って踊ってるんです。
知念ちゃんと、ちびっこJr(踊りがめちゃくちゃたどたどしい)。
かわいいと、かわいい。

ここは天界かと思いました。なにあれ天使。

愛のシュビドゥバ
みんな~シュビドゥバしようぜ~!!!
(シュビドゥバシュビドゥバ♪)
(シュビドゥバシュビドゥバ♪)

Chiku Taku
オーラスでは機材のミスでキー下げversionとやり直しを見ることができたので貴重。
伊野尾ちゃんのびっくりした顔が本当にびっくりした顔で。
そしてギターを弾く圭人がまさにカウコンでギターを弾く健一さんにそっくりで。おばちゃん泣きそうになりました。

Your seed
今回めちゃくちゃに印象を与えた一曲。
まさかのバンドアレンジ。まさかのRap詞追加。
そう、こういうのが見たかったんだよ。
縦ノリでヘドバンをしたいそんな曲。
演出も炎が吹き上がり、汗だくで歌うメンバー。
大ちゃんのシャウト。大ちゃんの・・・シャウト・・・キュン♡
ぜひ映像化してほしい。本当に映像化してほしい。私の目から抽出してもいいから!!モニターに映し出すから!!

Your seed良い曲だよね。
最初山田と髙木くんってのが今になってもいい。

Mr.Flawless(中島/髙木/薮)
花束渡してセンステに戻るとき、赤い紙ふぶきの中メンバーが進む演出が凄い好き。
赤とあの3人はよく似合う。

SUPERMAN
実は個人的に今年のジャニーズ楽曲大賞1位に選んだこの曲。
聞いたときには大した印象は残らなかったんだけど、視覚的な影響が凄い大きい。
一つはダンス。ダイナミックな動きではないけれど、より精密さが求められるような機械的な動き。
今回は最初からダンスであのダンス好きにとっては嬉しい限り。
特効ももちろんキレイ。

School Girl
ねえステージ上でみんなでかごめかごめする成人男性のグループって見たことある?わたしはある。

AinoArika~キラキラ光れ
オーラスの時真正面が薮ちゃんで、まさに王の謁見でした。
でもニコニコしてふにゃふにゃして、あの小さかった薮ちゃんが成長した姿なんだなあと感じました。
「目線下さい」うちわが役に立った気がします。

明日へのYELL
メンステで9色のフラッグを振るJrがすごい綺麗だったんです。
色とりどりで、鮮やかで。まさにJUMPを見ているよう。


****
3公演を通じて、エース山田は「2017年は10歳になります」と何度も言っていたのが印象的。
「10年、20年と長く活躍していきたい」「10周年の年は特別な年だけど、これから長く続く通過点のひとつ」と言っていたのが響いた。
2016年12月31日、2017年1月1日は、ひとつのアイドルグループの歴史に幕が閉じた日、そして個人が新たな歴史を作る日だった。
そんな日に、「これから」の未来をファンに伝える彼らの顔が誇らしくて、強くて。


2017年、映画が今現在で6本公開されることが決まっています。
そのうちの4本は主演作品です。
新曲がアニメのオープニングに起用されることが決まっています。
きっと、わたしたちがまだ知らない仕事はたくさんあるし、本人たちも知らない仕事はたくさんある。

正直、まだまだ知名度は低いかもしれない。有名な曲は少ないかもしれない。
だけど、これだけワクワクさせてくれるアイドルに、期待しか感じない。

彼らが目指す国民的アイドルへの未来につながる10周年イヤーを、いちオタクとして貯蓄をしながら楽しもう。