読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

ジャニーズでSEのドラマを作ってほしかった

そもそもSEのドラマ作ってもただただ暗い話になりそうですよね。

私の職は一応SE。
働いてまだ数年だけど何度もやめようと思ったことか。
だけど薄っぺらい技術しかなく、転職したところでやりたいこともスキルもないので留まっている所存。

さて、職業ドラマは数あれど、SEのドラマってそんなにないんじゃないかと。
あったとしても男女ともに私服で、フリーデスクのオシャレなオフィスにカッコいい社長という、煌びやかな世界の話を書いているような気がしてならない。
こんな夢のような世界ではなく、THE基幹システム!THE SI案件!のような世界がドラマにならないのかなと思いました。
とはいえ、そんな世界の話がドラマチックになるわけでもなく、むしろ主人公のテンションが落ち気味落ち気味の鬱ドラマになることが目に見えてます。
じゃあそんなドラマをどのジャニーズにやってほしいか、それを(お仕事しながら)ぼんやりと考えてみました。



主人公⇒相葉雅紀
淡々と日々を過ごしてきた主人公、だけど10年目にしてそれに悩む主人公は相葉ちゃんが合っているかと思いました。
イメージが「ようこそ、我が家へ」の相葉ちゃんなんですよね。
強く主張することも、だからと言って屈折することもないようなそんな常に将来模索中な主人公、というかSE役あってるんじゃないかなと。
境遇としては彼女とデート中に保守携帯が鳴って結果別れることになってしまった過去があったらなおよし。


主人公の同期1⇒中丸雄一
元同期。今はオシャレなweb系ベンチャー企業で働く。
やりたかったことをやるために転職したはいいものの、会社の空気感に馴染めずにいる。
よく主人公と飲みに行くメンバー。
中丸くんもSE似合いそう。
というか主役よりこういう味のある脇役が合う(褒めてる)


主人公の同期2⇒風間俊介
相葉ちゃんのリアル舎弟
協力会社さんの社員。主人公と同年代。
次の現場がどこかわからない不安を抱える。
その代わり多くの現場を経験しているので、他の現場について主人公と話したりする。
基盤系に強そう。


主人公の後輩1⇒濱田崇裕
主人公が面倒見てた後輩。
他部署へ異動するもその過酷さに昔のような元気が失われつつある。なで肩。
濱ちゃんに「夢とか、やる気とか、そういうのあっても何も変わらないって気づいちゃったんですよ...」とアンニュイな表情で言って欲しい。


主人公の後輩2⇒有岡大貴
主人公のチームに配属された新人。
いつもニコニコ。莫大な仕事量に押しつぶされそうになりながらも、クマを作りながらも、いつも元気にしゃかりきフレッシュなメンバー。
ただし単体バグが多くて主人公はいつも頭を抱える。
私の中の大ちゃんにやってほしい役ベスト3が魚屋の3代目、文系リア充大学生、そしてSEなんです。
目の下のクマを隠すことなく、演技してほしいです。


<番外編>
主人公の上司⇒ムロツヨシ
仕事ができない、命令ばっかりするような上司が似合う。とても似合う。


主人公の同僚⇒尾野真千子
弊社だけかもしれませんが、SEの女性って結構サバサバしている方が多いので、合いそう。
男性顔負けにバリバリ仕事してるイメージ。
独身で婚活してるとかの設定あったらいいなあ。



SEドラマの需要はめっちゃ低いと思うんですけど、いつか見てみたい案件です。
オシャレベンチャーIT企業のドラマは認めないからな!!!