読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

JUMPのファンが今年もWESTのコンサートに行ったよ

ジャニーズ 雑記

ジャニーズWEST ラッキィィィィィィィ7 新潟公演に行ってきました。

昨年のパリピポに続き、今年もWESTのコンサートに参戦してきました。
パリピポは同行という形で参加しましたが、今年は自分でチケットを取って行ってみました。
というのも、パリピポの完成度、演出のよさをまた感じたい!!と思い、土日でやって日帰りで行けそうなところ、新潟まで足を運んだ次第です。

ということで、WESTコンで感じたことを書いてみたいと思います。


・「つなぎ」のうまさ
JUMPのでは、次の曲がユニット曲で数人が衣装チェンジをしなければならない場合、その数人が先にはけ、残りのメンバーでパフォーマンスをします。
その場合、パートを補って歌っているのでまた新しい曲として聞くことができ、個人的にはとても好きです。

さて、WESTの場合、こういう方法はあまりとっていないように思えました。
ユニット曲の場合、そのつなぎに映像が入るのです。
JUMPの今回のツアーで例えるなら、BESTコーナーの前のムービーや、7コーナーの前のムービーにあたるものですね。
この映像も、ツインタワーの曲の前はクールなムービーが、シゲと神ちゃんの前はかわいらしいアニメーション、桐山くんと濱ちゃんの前はそのかわいらしいアニメーションから一転・・・、淳太くんのソロの前にはどこかエロティックな感じを出しています。
「不自然なつなぎ」ということがあまりなかったなあという印象です。*1


・エンターテイメント性
JUMPと比べて、エンターテイメント性は高いと思います。
決してJUMPがエンターテイメント性が低いとは言っていないです。多分、ベクトルが違う。
WESTの場合は、途中のモンキィィィィィィィ7コーナー(ゼウスやってた)や、神八先生のちょっとしたMC(というか神ファンサタイムだった)など、お客さんを笑わせたり、一緒に楽しむような構成になっているように思えました。
対してJUMPは彼らのパフォーマンスを魅せることに重きを置いているような、そんなベクトルの違いです。


・せまい
せまい。
朱鷺メッセ、せまい。
この現場(コンサート部門)の前がJUMPのカウコンだったので、やっぱり会場が狭いなという印象でした。
ですがスタンドがなく、全部アリーナ、かつ傾斜がない本当にフェスみたいな構成だったため、最後列の方(バクステより後ろ)はほとんど見えなかったのかなと思います。
実際、Dブロック(センステ~バクステ)にいた私でも、メインステージはやっぱり遠いと感じたし、センステはせりあがらないと前の人に隠れて見えない状態だったので、厳しい状況だったのではないでしょうか。
でもこの狭さの中トロッコは走るので、トロッコに乗ったメンバーはとても近く、肌がつるっつるなのがよーく見えました。
やっぱりやっぱりジャニーズなのでかっこいいです。


・しゃかりき
JUMPファンになったのが最近なので、JUMPの後ろにJrがついていたころのコンサートをDVDでしか拝見していない(カウコンの最終公演くらいかな)のですが、正直そのJrよりもずっと今回のバックについていた関西Jrの子たちがしゃかりきに見えたような気がします。あくまで「気がします」。

桐山くんもテレビで行っていましたが、「チャンスがあれば何かをつかんだる!」精神がやっぱり強いのかなあと感じました。
恥ずかしながら、関西の子は西畑くん、ジーコ、大西くん*2(と浜中ぶんちゃん)+リチャードぐらいしか顔を判別できないんですが、心の奥底でがんばれーと思いました。



私にとって、WESTはいわゆる自担Gではないんですが、それでもとても応援したいグループ。
JUMPと同年代だけど、コンセプトが異なる、そんな好敵手となりそうで。
勝手な印象では、NEWSとKAT-TUNのような関係性にも見えるんです。
JUMP×WESTの可能性がたくさん広がってほしいなあと、思う次第です。


来年も取れたらWESTコン行きたい。他グループのファンですが、そう思わせてくれるほど、完成度の高い素敵な公演でした。
ただ欲を言うなら、東京の公演は休日にやってほしいです!社会人に優しいスケジュールにしてください!

*1:JUMPにあるよ、ってわけじゃないですよ。

*2:この子目にお星さまが飛んでるくらいかわいいよね・・・