読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

2922日

JUMPデビュー8周年!!

8年前のこの頃なんて全然覚えてない。
もう私は大学生だったし、いかに留年しないようにするか、バイトにいそしんで、サークルもやる気が出なくなってきた、そんなジャニーズに興味のない腑抜けた大学生だった。
昔ジャニーズが好きだったとはいえ、中学半ばぐらいからはもう離れていたからその頃のジャニーズなんて知らない。


JUMPがデビューした時も特に何も感じなかったと思う。
いや、きっと感じたこともあったはずだけど、
それは「唯一知ってるジュニアの薮くんがデビューした」と「ついに自分より年下がデビューした」ということくらいだろう。*1


だからきっと、こういう環境だからこそ、私の頭の中に「Ultra Music Power」はつい最近まで存在しなかった。



さて、8年という月日はやっぱり大きくて、
8年前腑抜けた大学生だった私は、当時の想定とは大きく異なった人生を歩んでいる。
当時私が考えていた8年後はもうちょっと明るくて、それはかなり順風満帆な人生だったはず。だったはず。


彼らが8年前抱いていた8年後と、今の彼らの状況はどれだけ違うのだろうか。
私よりよっぽど華やかで、とても多難な道を歩んできた彼らは、あの時思い描いた姿になれているのだろうか。

それは新規なオタクの私はもとより、長いことやっているオタクにも、もしかしたら周りのスタッフさんもわからないかもしれない。
その答えは彼らの心の内にあるのだから。



けれどこの8年間歩んできた今のところの成果物が、
いつも行くあのコンビニに彼らの顔がたくさん並んでいたり、
テレビで同時期に数本CMをやっていたり、
映画主演作が何本も公開を控えている、そんな状況。

これが普通より素晴らしい成果物か、足りない成果物かはわからない。
先人に学ぼうにも、時代が違う。

けれど、それでも2923日目はやってくるし、その2923日目に何が起こるかなんてわからない。



8年前、私の頭の中に「Ultra Music Power」なんて曲はなかった。
8年後、まさか彼らのファンになるなんて思わなかった。

現実なんて、そんなもんだ。
何もわからない9年目が、始まる。
それが素敵なものになることをただ、うちわを握りしめて祈るだけ。

*1:宮田・濱田世代なので、同世代がデビューしたのは割と最近