読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

男性アイドルをメイク落としのCMに使う意味をふんわり考えた件

雑記 Hey!Say!JUMP

広告やマーケティングの知識なんてないし、本当にふんわりとしか考えてないです。

JUMPの記念すべきニューシングルと、タイアップと、CMが発表された。
KOSEさんのソフティモ。www.kosecosmeport.co.jp

キラキラしたJUMPちゃんが「すご落ち!!」とメイク落としを勧めるCM。
今までのJUMPちゃんと言うと、カレーを作ったり、ポップコーン食べたり、ゼリー凍らせたりと、なかなかにお菓子系なCMが多くこういった美容系のCMはなかった。


ところで、よくよく考えてほしい。
そもそもなぜメイク落としのCMを「20代男性アイドルグループ」がやることになったのか。
それをふわふわと考えてみた。
なお、今回「事務所が推してる」という理由は一旦おいておく。


①憧れの彼氏像として
アイドルという点を前面に押し出すイメージ。
9人もいるなら、大抵の女性のツボにはまるメンバーは1人くらいいるだろう。
そしてChau♯から続く王子様売り*1
そんな「素敵な恋人」として、「すっぴんもきれいな君が好き♡」と言うことで、女性にメイクをしっかりと落とさせる戦法。



②かわいい男の子として
①はどちらかというとJUMP同年代、または下の世代に向けたアプローチだが、よくよく考えると大抵の女性が日常的にしっかりとメイクをし始めるのは20代になってからなんじゃないだろうか。
そんなJUMPより上の世代に向けた、
「頑張って疲れててもメイクは落としてね!ほら!すご落ちだよ!!」というアピール。



③美の憧れとして
冷静に考えてみると、20代男性の彼らはとてつもなく肌がきれいだ。
写真は修整しまくれるけれど、TVに映っても残念な肌ではない。
そんな「きれいな肌をした」20代男性を映すことで「男性でもあんなに肌がきれいなのに・・・」という一種の危機意識を持たせることで、
「化粧をしっかりと落とす」という基本を見つめさせて買わせる戦略。



④同年代の男性として
化粧をする男性が増えているとかそうでないとか。
そんな男性にもちゃんとメイクを落としてきれいな肌を守ってもらいたい。
アイドルもお化粧をするお仕事。
そんな彼らが「すご落ち!」と言えば、男性もメイク落としを買うハードルは低くなるのではないだろうか。
または「男性も化粧しようぜ!!」という遠まわしな男性へ向けたメッセージなのかもしれない。それなら革命的だ。




・・・そんな妄想をしながら、今日もすご落ちなメイク落としでメイクを落とすのです。
本当ね、どういう意図なんでしょうね。