読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

ジャニオタSEあるある

※個人差及び環境によって異なります

ところで、私の本職は一応SEです。システムエンジニア
SEとして働いている職場でアイドルオタクを公言しているので、割と職場でもジャニーズの話をします。
そんな中、同僚(SE)と話す中で、「この考えは職業病だろ…」というネタがあったのでご紹介します。
わからない用語はぐぐってください。
IT業界を狙ってるジャニオタの就活生、将来こうなるかもしれません。


ジャニーズウェブの定時更新にタスクスケジューラーを感じる

ジャニーズウェブの更新って12時、18時、21時が基本のようです。
こう言ったサイトの公開は、この時間に人がボタン押してやるんではなく、タスクスケジューラー*1というシステムを使って公開することが多いと思います。
分かりやすく言うと、タイマーがあって、あるフォルダにあるファイル(この場合だとメディア出演情報が更新されているページや、ブログの記事など)をそのタイマーが鳴った時に自動で公開してくれる仕組みを動かしてくれるシステムです。

ジャニーズウェブが定時更新の話をすると必ずこの話題になります。
タスクスケジューラーは保守業務に関わると避けては通れないもの。
たまに定時更新以外の時間に公開されるときがありますが、あれはきっと運用部隊や保守チームにお願いして公開する仕組みをその時間に手動で動かしているのでしょう。
だから定時更新以外の場合は裏で働くそんな方々の姿がちょっと頭をよぎります。


チケット当選確率でチケット抽選システムのデータベース設計を考える

みなさんよく会員登録とか、買い物とかインターネットですると思うんですが、そういった情報を裏でまとめてるのがデータベースだと思ってください。*2
だってこういった情報を紙でまとめるのはかさばるし探すのも大変ですよね?

もちろんみなさんが郵便局でたくさん振り込んで申し込む情報もデータベースで管理されてると思います。
その中からおよそ1名義1公演のチケットを抽選するにはどのようなデータにまとめればよいか、どうやって絞り込むか。
絞り込むためにはこういう構造にすれば効率よく、動作も重くならずに・・・とデータベース構造の妄想も捗ります。

ちなみに、これを考えたからといって当選確率が上がるわけではないからあしからず。


自分の業務より熱心にジャニーズのIT構想を考える

チケットを取るのに郵便局に駆け込んで振込用紙を書く。
グッズは通販しない。
それどころか生写真もお店に行かないと買えない。
ちょっと公式がUI/UX*3的につっこみどころが多い。

少し考えただけでも改善する点がとても多い。目に見えるITで解決できる課題が多い。

けれど、IT投資をするっていうのはそれに見合う利益を得るため。
この事務所の場合はおそらく投資したところで、すでに安定した利益を生み出しているからあまり改善しないんだろうと思います。
それどころか逆にこうしたほうがお金つぎ込んじゃいますよね、こわい。

でも新システム構築やリプレイス案件があったらぜひ弊社に・・・と思います。
おそらく一番モチベーション上がる。お仕事できるなら弱音はかないくじけない。

以上が思い浮かんだ「ジャニオタSEあるある」ですがいかがでしょう。
色々な職業病からくる「あるある」、ちょっと気になります。


ちなみにですが、ジャニオタにSE向かないです。なぜなら一般的に休みもとりにくいし、いきなり休日出勤もあるくらい忙しいからです。