読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

多ステと他ステ

Hey!Say!JUMP

ひとり言のような記事です。
望むことならばあと1公演くらい見たい話。
タイトルは川栄ちゃんの曲を勝手に拝借して改変。

JUMPのツアーが今月末から始まり、ラスト10月の横浜まで約2か月全国を周る。
そのチケットの当落が先月あり、嬉しいことに?1公演分、横浜公演を取ることができた。
名義は1つでとりあえず3公演分申し込んで1公演。横浜、横浜、名古屋。

ツイッターを見ていると、当選確率は全員当たるよ☆というほど高くないらしく、もちろん全滅の方もいて、すぐにチケット募集のツイートが流れた。


で、いまだに疑問に思うのは、ワク学とか人気の公演をどうやって多ステできるのかということ。
ツイート見ていると多ステどころか全ステしている方もいて、「どうやったらできるのか?」と思ってしまう。
というより、いくらお金を申込みだけでかけているのかがすごいなと思う。
社会人になってお金が結構自由に使えるようになって、申込みにお金を多少かけることができても3公演分。
単純に私のお金がないだけかもしれませんが、きっとそれ以上のお金を使ってるんだなあと思うと、遠い世界に見えてくる。
カラフトの時も常に同じ人がレポを流していて、どれだけのお金がこの人だけで動いているんだろうと。


話を戻すと、正直なところもう一回くらいどこか地方公演に行きたいと思っている。
10月は先の話すぎて、どうなっているかわからない。
仕事がひくほど忙しくなるかもしれないし、ないとは思うが熱が冷めてしまうかもしれない。
それなら早い段階で行きたいなと思い、さっと新幹線で行けてさっと帰れる名古屋を申し込んだ。

定価以上でやりとりするツイッターの「チケット譲」の件が話題になったが、ツイッターにはこうしたツイートが溢れている。
それ以上に、「チケット求」も溢れている。
この「チケット求」ツイートをすれば、もしかしたらチケットがやってくるのかもしれない。
同行も同い年から上であれば特に抵抗なくできるからそれを書いてもいい。

でもその勇気がない。
やってこい、その勇気。



ところで、私は自分の担当以外のコンサートに行くのも好きだ。
ジャニーズにはまってからも、たまたまリツイートに流れたチケット譲ツイートを見て、WESTとNEWSに行ってみました。*1
そこでのアーティストの魅力や、まだ知らない名曲を知ることができる。
これって自担に盲目になりがちになってる現状では気づかないことだと思っている。

クソDDと呼ばれればそれまでですが、他担だからこそ、他グループの現場に入ると楽しい。
けれどファンクラブに入らないとチケットが取れない、一般どころか他グループに門戸が開かれていないのも事実だ。
ファンクラブに入ろうにも結局お金がかかる。
一回だけでいいんだよな、これ入ってファンクラブにも入るかもしれない。

やっぱりジャニーズの世界って閉鎖された世界だなと思う。
だからこそ、フェスに出るTOKIOって幅広いファンがいると思う。
バンドという形態ならではの強み。



何を書きたいかわからなくなってきましたが、
JUMPもあと1公演、連れて行って下さる方がいらっしゃったら嬉しいし、他グループのコンサートも連れて行ってくれる方がいたら嬉しいなと思う所存です。
それに付随して色々思ったので、今回このように記事をしたためた次第です。


いつかチケツイができる日まで、またはその前に大人になって諦めるまで、長い目で見守って下さい。

*1:他グループ担なのに譲って下さりありがとうございます!