読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

Let's go パリピポ!

5/5にジャニーズWESTのコンサート パリピポに行ってきました。
レポではなくただの感想。

以前にも書いたんですが、ジャニーズのコンサートは10年ぶり。
おそらく以前は2005年のNEWSのコンサート

10年の時を超え、あの時と同じ横浜アリーナ、あの時と同じGWに参戦です。
まさにジャニオタ人生第二章の幕開けですね。*1


このパリピポコン、ひょんなことから初めましての方に連れて行ってもらえることになりまして。
実は基本的に人見知り(というより距離の取り方がわからない*2)な私ですが、共通の話題があるため、わいわいとオタトーークができました。現実でオタ話できる知り合いが会社の先輩くらいしかいないのでとても楽しかったです。


事前情報ではグッズ販売が長蛇の列で、4時間待ちとかディ●ニーかwwwwと思っていましたが、タイミングがよく、1時間程度と思いのほかすんなりと買えました。
買ったグッズは定番のペンライトと、タオルとクリアファイルを集合のと濱ちゃんのを。
集合のクリアファイルは、現在会社のデスクの中で微笑んでいます。


そういえば、私WESTだと濱ちゃんが好きなんです。
THE 宮田・濱田世代*3の身として、この二人は応援しなきゃだろ!というのと、Twitterでたまに出てくる伊野尾担の母が濱ちゃんがツボにはまってしまったらしく、テレビで出るたびなぜか大爆笑するのでお土産としてクリアファイルを買いました。



それにしてもファンの女の子が若いと思いました。
違いますね。
私が歳を取ったなと・・・


さて、本編です。
とりとめなく書いていきます。

暗くなった会場に流れるムービー。メンバー1人1人が紹介されて、最後に全員が揃う・・・
・・・LWMのFOREVERっぽくてかっこいい!!同じ方が作成されたのかしら。

そして出てくるWESTさん。360度ステージだからとてもみやすい!肉眼でも見える!!
これはぜひ色々なグループでやってほしいと思います。

ズンドコパラダイス、ジパング・おおきに大作戦、そしてパリピポアンセムと、テンションあがる系の曲が続く。
この時だけはペンライトはサイリウムだし、気持ち的には指の間に何本もはさんでるくらいの、まさに女性アイドル応援するノリで「いやふぉい!」していました。伝わるかな・・・
でもこの「いやふぉい!」がやっぱり楽しくて、まさにパーティーなピープルになれた気がしました。


実は予習をあまりしてこなくて、『go WEST よーいドン!』を聴いてこなかったんですね。
パリピポの曲終わったら知ってる曲ないじゃん!と思っていましたが、初めての曲でも楽しめました。
けどアカンLOVEのパラパラは予習できたら予習したかった!完璧に踊ってみたかった!!
見よう見まねでやってみたけど、消化不良、またいつかリベンジしたい!!


1年間お仕事メドレーは「言ったじゃないか」も感動しましたが、JUMP担としてはやっぱり「Ultra Music Power」!!!
VTRに出たJUMPに叫び、UMP踊るWESTに叫びと、テンションアップルでした。
だってここでもJUMPとWESTのコラボですよ!WESTとJUMPはいつか2大巨頭になると信じて疑わない私は大歓喜ですよ!!


色々なレポでもありましたが、「PARTY MANIACS」はかっこいい。
こういった曲って、今の若手ジャニーズで歌う印象が無くて。確かに唯一歌えるのがWESTなんだろうなと思う。
所謂「関西!!」な曲を前面に押し出しているから、こういう曲ももっともっと前面に押し出してやってほしい。


生で見る濱ちゃんはとても顔小さくてひょろくて背が高かったなあ・・・
そしてお淳太さまの顔がきれいで小さくて!!すごく感動しました。
あと、小瀧くんが「国民的弟」と呼ばれている理由がわかりました。あれは弟ですわ。
どうしても印象が「ジャニーズの印象から離れた大阪の面白い子たち」のイメージでしたが、生で見るとやっぱりアイドル。キラキラしたオーラがまぶしかったです。


全体として、メンバーと一緒に楽しむことができる素敵なコンサートでした。
あれ、こんなにコンサートって楽しかったっけ?
「好きなアイドルに逢える」「歌って踊るかっこいい姿を見れる」ということもあるけど、それに加えてこんなに「楽しい」と思えるステージに行けたことは色々と感謝です。
WESTさんがファンクラブ作ったら入っちゃいそうな勢い・・・!



次はきっとJUMPのコンサートであることを切に願います。
気が付いたら吸い込まれていた払込用紙とお金・・・

*1:一章が4歳~15歳くらい

*2:不快な思いをさせてたらすみません・・・

*3:世間的にはいわゆる、「ハンカチ世代」