読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

ちゃんとドラマを見ない人がたまにはドラマを見た話

珍しく、自分から今期のドラマを見始めているので。

inotama82.hatenablog.com
こちらのブログで今期ドラマのことを書いていたので、勝手ながら便乗です。


普段は、ドラマは観ていても、休日引きこもっている時に親が見ているのを一緒に見るだけ。
要は「これを見たい」とかはなく、話が1話飛んでいても気にしないタイプ。
ちゃんと全話見るのも1クールで1本あるかないか。

それが今期ドラマはJUMPが出たり、気になるドラマがちょいちょいあるので備忘録的に書いてみようかと思います。
基本的には録画でのんびり見ています。視聴率の対象じゃないしね。

とりあえず、1話から「毎週見たい」と思っているドラマは以下。
・ようこそ、わが家へ
・戦う!書店ガール
・ヤメゴク
・不便な便利屋
・ドS刑事

そうです、ただのミーハーです。


ようこそ、わが家へ
相葉ちゃんの月9には失礼ながら少々不安はありましたが、「気弱などこにでもいる主人公」は合っています。
週の始まり、月曜日に見るには少々気がめいる作品ですが、週の終わりにがっつり見るならいいのかなと思います。人間的に怖い話は好きなので。
流星くんのストーカーもかっこよすぎるのが気になりますが♡不気味でいい味だしてます。
ただ、前期「デート」の裕翔くんが「鷲尾くん」と呼ばれて一般認知度を上げたように、月9の印象は大きい。
終わった時に「ストーカーの子」のイメージが付いちゃわないか気になるところ。


戦う!書店ガール
日下くんかわいい。これに尽きます。
いや、ついちゃだめなんですけど。
ストーリーとしては、正直小説のほうが面白いです。
元々、ドラマになったら原作で男性刑事だったのを女性にするとか、恋愛要素入れるの見え見えなんだよ!的な改変が好きではないので、三田くんが恋愛要素に組み込まれるのが好きじゃないのです。
だからこそ、あの「いのおちなみゆりあ」の3人娘*1の存在がいいクッションとなっています。
このドラマ放送時に、ツイッターでは「千葉くん」がトレンド入りします。「日下くんかわいい」も話題になります。
視聴率では測れない「何か」がツイッターにあると思ったドラマです。


ヤメゴク
大島優子が出ているからというより、単純にストーリーに惹かれたドラマ。
何が善で何が悪か。このテーマを扱うのも好きです。
月9と同じで、全編的に暗い感じで進む話なので、これも休日に見たい話。
大島優子の演技がうんぬんと色々言われていますが、私は好きです。
「脱・アイドル」で「女優」の肩書きを持つ彼女の新境地。
正直、AKB48卒業組で一番活躍しているのは彼女じゃないかと思っているので、「成功例」としての活躍を期待しています。


不便な便利屋
水曜どうでしょう」でおなじみのミスターこと、鈴井貴之氏の監督・脚本作品。
チームNACSもチョイ役*2で全員出演という、水曜どうでしょう好きにはたまらない作品です。
「視聴率を気にしない枠「テレ東」ということで、かなりフリーダムなドラマが多い枠。このドラマも特別フリーダムというわけではありませんが、深く考えずにのんびり見れるドラマです。


ドS刑事
ひかちゃんかわいい。
良くも悪くも、土9らしいドラマ。
元々の原作が私の友人曰くよろしくなかったのですみませんストーリーにはあまり期待していません。
良くも悪くもの、悪くも、がこれ。
けれど出演者のコミカルな演技はやはり土曜9時ウィークエンダーには合っている。これが良いところ。
多部ちゃんいいよね。



雑な感想となってしまいましたが、今期は始まる前に気になっていたドラマを1話で切ることもなかったため、視聴率はどうであれ期待しています。

*1:一人は男性

*2:森崎さんはレギュラーだけど