読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

ぼくの友達は心がエリートです

岡本けいとりん22歳おめでとう記事。
タイトルはクレヨンしんちゃんより引用。

けいとりんについては以前記事に書きました。bioglife.hatenablog.com

もうほっとんどこれと同じ気持ちで、不思議と応援したくなる、けいとりん。

でも、

ほぼ無名かつ、有名な親を持ってのデビューに、周囲から色々な言葉が浴びせられたり、態度で示されたりしたかもしれません。
メンバーとの経験の差に、悩んだことだらけだろうし。

けれど、そこから腐ることなく努力をし、自分にできることを一生懸命探して、アピールして。
そして何より、身近な存在であるメンバーを尊敬しているところが、とても好きだし、人としても尊敬ができます。
「山ちゃんみたいになりたい」なんて、思っていても、伝えることって難しいと思います。


いい意味でも、悪い意味でも?アイドルらしくないところも好きです。
かわいい曲もかっこいい曲も、ちょっとしかめっ面で踊ってしまうところがあるけれど、
「一生懸命やってるんだ・・・!!」と思うと、もう愛しくてしかたありません。
また、リトルトーキョーライブに出ていないときに一緒に視聴者投票して結果に喜んだり悲しんだり。
WESTがJUMPを下に置いたときは涙がこぼれそうになったりと、
多分、けいとりん自身が、自身のいるHey!Say!JUMPというグループの大ファンなんだろうなと。
だからメンバーのことが大好きなんだろうなと。


けいとりんはバラエティの人なんだろうと思います。
おねぇの一発芸を全力で嫌がったり、おねぇを見るワイプの顔が険しかったりするけれど、
それも全て含めて、面白さがあると思うんです。
もはや芸人のWESTの桐山さんや、生放送慣れしているヒルナンデスコンビのワイプもいいけれど、
営業スマイルもなく、もはや素の表情を見せてくれるところが逆に面白さが出ているとおもいます。

スクール革命の様子を見る限り、というか大体予想はつくんですが、
バラエティのひな壇にぽーんっと放り出されるより、優しい大人が見守る系のバラエティに出てほしいなと。
それこそ、百識のようなイノッチ先生だったり、スクール革命の内村さんや、それこそヒルナンデスの南原さんとの共演がいいなあと。
あとは私の好みでさまぁ~ずさん。そして狩野英孝ちゃんとの共演をはよ。


22歳の一年も、今まで通りの綺麗な心のままで、そしてまたお仕事の幅を広げてほしいと思います。
そして、こんなに素敵なご子息に育てていただき、ありがとうございます、健一さん。


最後に、

思いのほか、ゴロがよかったもので。