読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

多趣味人間の聖地

トピック「本屋」について

アイドルとはあまり関係のない話。

「本屋」と聞くと、 高校時代、高校の帰り道に紀伊國屋書店がオープンしてよく寄っていたことを思い出す。 私が「紀伊国屋買い占めたい」と言っていたことはよく友人に言われる。

たとえば、待ち合わせに早く着いてしまい、時間を30分ぐらいつぶさないといけないときは本屋に行くことが多い。 ちょっと大きい本屋があれば行って、ぱらぱらと気になる本を読んで時間をつぶす。

自分は「多趣味」と言えるほど多い趣味はない。 けれど、そこそこに浅く広く、様々なカテゴリに興味を持っている。 だからこそ、本屋が楽しいと思える。

アイドルが好きだからアイドル誌を読んだり、 食べることも料理も好きだから、グルメ本読んでおいしそうなお店を探したり。 職業柄IT系の本も読むし、大学で専攻していた生物学の本も読む。 自分では買わないであろう、男性ファッション誌も立ち読みするし、 最近見始めたプロレスの雑誌も読む。

「気になった」⇒「中身をちら見する(立ち読み)」⇒「気になったら買って家で読む」 この一連の流れができるのは電子書籍ではできないことだと思う。 電子書籍もちょっと中身を読むことはできるけど、限定した個所だけ。

「ネットで検索」ではなく、自分の目で背表紙を追いながら探す楽しみと、 検索ではひっかけない本を発掘する楽しさも、本屋ならではだと思う。

隙間の時間に、「気になるジャンル」の雑誌や本を読むことができる。 その「気になる」をより深めたり、新しいジャンルの本を読んでまた新たな趣味や興味を探すことができる。 多趣味人間や好奇心旺盛な人間にとって、本屋とは聖地だ。

実は最近読書とは離れているけれど、 いつかは紀伊国屋を買い占めて、のんびりと本屋で好きなだけ本を読んでみたい。