読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

土曜の夜に事件が起きる!

ジャニーズ楽曲大賞2014が発表されました。 | ジャニーズ楽曲大賞2014

1位は大方の予想通り、じゃんぷさんのウィークエンダー。 データを見るに、有効投票のうち、じゃんぷ担が多いからまあ一位になりやすいのか・・・

・・・と、思いきや、2位にダブルスコア以上を付けての1位なので、他G担の方からも支持されたのかと思います。 非公式なので、公になることはないと思いますが、これをきっかけにファンが増えるといいのかなーと思います。

さて、私自身は何に投票したのかを思い返してみます。

前置きとして、じゃんぷさんにはまり始めたのが昨年の11月終わりということ。 それまでは2014年、あまりジャニーズ聞いていませんでした。 以上を踏まえて、締切数時間前にさくっと投票したのが以下です。 コメントは実際に投票したものとは異なります。

楽曲部門1位:「AinoArika」 Hey!Say!JUMP →実はUMPからこの曲まで、じゃんぷさんの曲を買ったことはおろか、レンタルすらなかったのです。そんな私がテレビで聞いて衝撃を受けたのがこの曲。 「こういう曲歌うんだ!」という衝撃と、曲としての壮大な感じがはまってしまったのです。 AKBにはまったきっかけが「大声ダイヤモンド」をきいたことなのですが、その時と同じ衝撃でした。まさかこの数か月後にはまるとは。 担当になってからもこの曲はいのちゃんのポジションの良さと、ダンスの美しさ、そして初めて聞いた時の衝撃が忘れられず、一番好きな曲です。

楽曲部門2位:「GUTS!」 嵐 →気が付けば鼻歌で歌ってた曲。母親がすごいはまってました。 嵐の曲は正直最近のものは似ていてわからなかったのですが、この曲は嵐らしい?明るい応援歌になっていて非じゃにおたの時期でもヘビロテしていました。

楽曲部門3位:「明日へのYELL」 Hey!Say!JUMP →こちらはウィークエンダーと一緒に説明。

楽曲部門4位:「キング オブ 男!」 関ジャニ∞ →2014年聞いてたジャニーズを探すのが結構困難でした。けれどその中でこの曲は聞いてたなあと。 実はカラオケでも歌います。PV出るしね。 すばるさんの声質が合う曲だなーと思ってます。

楽曲部門3位:「明日へのYELL」 Hey!Say!JUMP 楽曲部門5位:「ウィークエンダー」 Hey!Say!JUMP →最初はウィークエンダーのキャッチーなメロディーが耳から離れず、早く借りたいと思ってました。(このときはまだ非オタ)でもなかなか借りれなかったのはやはり人気だったからでしょうか。 どちらも好きな曲ですが、明日エルのほうを上にしたのは、じゃんぷ担になってからのリピート率。 そうです、ただ単に私の好みが明日エル寄りなのです。 個人的に好きなのは2番のサビ、「青い春の中まっすぐ駆け抜けた」というメロディーが好きです。

自担部門:有岡大貴 →私は「いのあり」の二人が好きなのですが、顔がもろ好みのいのおさんに対して、有岡くんは「応援したい、見守りたい」という気持ちが強いんです。だからどちらかを選ぶなら有岡くんなのです。 「自分には個性がない」と悩み一人旅をしたという有岡くんが、今ヒルナンデスに出て一生懸命食レポやロケに行っている。ここから有岡くんはどう成長するんだろうという気持ちで一杯です。 もちろん、いのちゃんも俳優の道かバラエティの道かどう事務所は育てていくのかが気になります。

以上が2014楽曲大賞でした。2015年はもう少しちゃんと考えて投票します。

おまけ。 ジャニーズ以外の2014年楽曲大賞。 はまった曲は目覚ましの曲にするんです。なので今年はこの2曲。

2014年前半:でんぱ組inc. ちゅるりちゅるりら →CMで聞いてやはり耳に残るメロディーと歌詞ではまる。 その後ベスト盤も聞いた影響ででんぱ組が気になる存在になりました。

2015年後半:GooseHouse 光るなら →四月は君の嘘の紹介で流れていて印象に残り、その後PONで流れてて曲名とグループ名を知り、 発売日前日にCDを買いに行こうとするも、そもそも会社帰りでCD買える場所ねーよとなり朝一ダウンロードで買い、聞きまくった結果、ユニットライブの存在を知り、そのままオクでチケットを落とすという謎のはまりよう。 それだけ7人の唄声が重なり合うサビが印象的でした。