読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

アイドルと大学院

センターについての記事をほっといて、表題のテーマについて書きます。

アイドルと大学院なんてそうそう結びつくものではないけれど、それが結びついちゃった人がいます。 そう、建築学科出身のあの方です。

CiNiiで卒論が出てきた → ~大学院ってなってる!! って流れから行っている疑惑が浮上したようです。

私個人の意見としては、院には進んでいないんじゃないかなと思います。 理由は簡単で、「仕事との両立は難しい」というわけです。 それで今年の4月ごろに「実は~」となったらそれはそれですごい話です。そりゃ革命も起こります。

確かに「社会人大学院」という考え方もありますが、 それは経済学や知財の分野が多く、通う方もその知識が必要な方がほとんどです。 (ただ正直、一応私も理系大学出身ですが建築学科の事情はよくわからないのです・・・)

そして社会人大学院であろうと、学生であろうと共通しているのは、 大学と異なり大学院は「学び」の意味合いが減り、研究の色が濃くなるということです。 大学院では授業が少なくなります。その代り研究をしないといけないわけです、学部生よりもずっと。もちろん学会(簡単に言うと研究を発表する場のこと)の発表も増えるはずです。

それをふまえつつ、学部時代であんなにテレビ露出が少なく、現在はドラマだったりバラエティに出ていることを比較すると、はたして院進学したところで学業は大丈夫なのかという結論になります。 進学していたら修士2年。修士論文にひーひー言う時期ですし。 (某東大院卒のタレントさんがいますが、あれはあれで何年留年してるのかって話になるわけで。でも薬のほうのタレントさんはすごいと思う)

ではなぜ、サイトには「~大学院」となっていたか。あくまで予想です。 まず、この論文は彼が卒業後に行われた学会に投稿されたものです。 多分、この論文は彼の卒論なのでしょう。だから名前が一番最初(ファーストオーサー)になります。 その以下に続くのはその研究に関連した人の名前になります。先輩とか、助教とか。 最後にその研究室で一番偉い人、教授の名前を書きます。 (もちろんこれとは違う場合もありますが、学生が書いたものはこういうのが多いです) で、名前の後に大学・大学院名を書きますが、結構数名をまとめて(~大学)とくくることが多い気がします。 なんか、その流れな気がしてなりません。 よくわからないよ!という方は、色々な学術論文を読んでみてはいかがでしょう。 建築学でもいいですし、生物学や食品学など、身近なことを扱った論文も多いです。

院に行っていたら本当にすごいですが、正直理系学部を卒業しただけでももっと評価されるべきだと思います。 (私が通っていた大学では建築は「三大きつい学科」の一つでした。 理由としては課題の多さとお金がかかるということ。もちろん留年もあるよ☆というおまけつき。) 入り口はアイドルにありがちなAOでも、4年で卒業したことは高い評価を受けてほしいと思います。(その代り、クイズ番組は諸刃の剣となるわけです)

「建築を学んだこと」がいかにアイドルの仕事につながるかはわかりませんが、少なくともそれは個性であり武器になると思います。 2015年、そういう新しい方向性の仕事がやってくることを祈って。

おまけ。自分のこと。 ここまで偉そうに書いていましたが、自分の大学院時代はひどいもので。 学会発表は卒業記念にちょっと旅行したいから出たり(旅費が大学から出た)、 研究室行ってやったことはモンハンと飲み会だし、 授業出ても途中で抜けて学祭行ったり・・・ 今思えば何のための2年間だったのか。 今はまったく専攻と関係ないお仕事していますしね。