読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばいおぐらいふ

出戻りジャニオタの、たわごと。

私とアイドル

アイドル ジャニーズ AKBG

さて、このブログを書こうと思った理由の一つは、アイドルのことを書こうと思ったからです。

現在、恥ずかしながら26歳です。 最初にアイドル好きになったのは22年前、4歳のときです。 そして今、またアイドルにはまっています。 おじゃんぷさんこと、Hey!Say!JUMPさんです。

そんなアイドルを主軸に22年間を振り返ってみようと思います。 すみません、ひたすら自分語りです。

①幼少期~SMAPにはまる幼稚園児~ 最初に好きになったのはSMAPの6人目、森且行さんです。 現在オートレーサーですね。いまでもかっこよいです。 その後、ロンバケラブジェネの時期にキムタク様にはまります。

②小学生~V6からの現嵐~ さて、どういうわけか次はV6の三宅健さんにはまります。 初めて買ったPSのソフトはProjectV6です。 ちょうどそのころに学校へ行こう!が始まったと思います。

その後、何きっかけか思い出せませんが、当時Jrの相葉さんにはまります。 当時のJrはたきつばさんがいて、小原くんが辞めて、その下に斗真くんとか相葉ちゃんとかにのとか松潤とかいたきがします。 なので嵐結成で選ばれるのはなんかわかる気がしました。 今ではとるのが大変な嵐コンはこの時に初めて行きました。ファーストコンサート。 友人が取ってて、連れて行ってくれました。まさか今紅白の司会やるほどに人気がでるとは思いませんでした。

③中学生~Jr時代~ このころ、ちょうど兼末けんじろうの金八がはじまります。 それきっかけかJ2000かは定かでないですが、当時Jrの亀梨さんにはまります。 ただ、KAT-TUN結成時には熱が冷めていた気がするので、そんなに期間は短くないのかも。

じゃあそのころ誰だったのかというと、当時Jrの萩原幸人さんです。 現在は大野幸人の名で舞台に出ているダンサーさんです。いつか見に行きたい。 個人的に思うのは、この人は割とデビューに近かったのではないかと。まあこれはいつか別の機会に。

あとこのころモー娘。全盛期を迎えます。新メンバー決定とかわくわくしていました。

④高校、大学~まともな時代~ このころはアイドルにキャーキャー言ってませんでした。 だからと言って何に盛り上がってたかも覚えてません。ミスチル? ちょうどこのころ、AKBやJUMPがデビューしましたが、記憶がものすごく曖昧です・・・

⑤研究室時代(B4~大学院~新入社員)~女の子アイドル戦国時代~ ふと聞いたAKBの「大声ダイヤモンド」に何かを感じ、そのままAKBグループにはまる。 ちょうどヘビーローテーションが発売された夏休みに某所でバイトしてたらAKBの撮影に遭遇したり。 友人が「見逃した君たちへ」に連れて行ってくれたり、「Wiz」とか「16人のプリンシパル」観に行きました。 推しは増田有華ちゃん→仲谷明香ちゃんという真逆な感じ。

このまま社会人になるわけですが、このAKB推しのおかげで本部内のAKB愛好会に参加できました。

⑥最近~JUMP!~ きっかけはキスマイでした。 母は元々テレビを見るので深夜番組に詳しいという。そこで見始めたキスマイブサイクから久々にジャニーズを見始めました。 何が衝撃って、藤ヶ谷父さんがデビューしてセンターでガヤさんなことでした。 舞祭組も買いました。先輩に貸したら戻ってきません。

さて、そんな母が次に目を付けたのはヒルナンデス、 そう主婦のアイドル・有岡大貴さんです。 ヒルナンデスの録画を見続けた結果、おじゃんぷさんに興味を持ち始めました。 で、じゃんぷさんの動画を見るうちに、有岡くんだけでなく、目を惹く方がいました。 伊野尾慧さん。あの笑顔と、理系出身というところに惹かれました。

そこからいろいろインタビューやメイキングを見るたびに、有岡くん、伊野尾くんという個人だけでなく、 じゃんぷさんというグループを応援するようになりました。 山田くんという絶対的な華はいるものの、差別化しない体制が、ここ最近のグループには少ないと思ったからです。

・・・と、ここまで書いてみましたが、結論は何もないです。 自分の備忘録的な感じです。

応援する系統もバラバラですね。はは。